読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thanks!K第三回演奏会で同僚の演奏を聴いてきました #けいおけ

音楽 アニメ

11月28日はThanks!K第三回演奏会を聴きにいきました。
thanks-k.com

色々してたら記事書くのが遅れていた(´・_・`)
上記のサイトをみればわかると思いますが、Thanks!Kというのは音楽サークルで、菅野よう子さんを愛する人達が集まって菅野よう子さんの曲をみんなで演奏したりするみたいで、今回なぜ僕が唐突にこの演奏会を聴きに行ったのかというと、同僚の一人がこの団体に所属しているからです。

オーケストラとかを聴きに行くいぜんに、正直いうとそういったジャンルの音楽を普段全然聴かないので(だいたいアニソン・ハードコアとか)、どういう感じになるのか全然想像もつきませんでした。実際会場についたときも、「あ、なんか四月は君の嘘っぽい」ってアニメのことを思い浮かべてしまうくらいただのアニオタです。
www.kimiuso.jp

でもまぁ、せっかく同僚が色々がんばってきて演奏するということなのでとりあえず彼女の演奏を見よう!ってことでいきました。
プログラムを見た感じでは原曲がわからないのがいっぱい並んでいてその瞬間はちょっと残念な気持ちになりましたが、いざ演奏がはじまると、!ってなりました。

何にびっくりしたのかというと、この人数で、こんな色々な種類の楽器が同時に音を鳴らして、こんな綺麗に曲が出来るということ。当たり前みたいな感じで今まで流してましたが、改めて考えるとすごいことですよね。普通に考えると(普通?)様々なものが様々な音を同時に鳴らしたらうるさかったりするだけで心地いい気持ちにはなれません。
それが心地いいのです。ほえ〜すごい。

と、この記事を書いてる合間にその同僚本人から、入団希望はわたしへ!というお誘いが…!
…ってことなのでまぁ、僕自身Twitterで言ってるように:


とにかく様々なことをしていきたいので(若くなくても)、入団のことわりと今考え中です。

はい、そんな感じですっ。

ちなみに次回のThanks!K演奏会も開催決定してるみたいなので楽しみですね、菅野よう子さんファンの方は必見です。