読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東大で2度目のアニソンDJをしました

東京大学駒場祭にてアニソンリミックス楽曲でDJをしました。前回は五月祭のときでした。
animagic.club

再現Mix

Mixcloudにアップロードしましたのでよかったら聴いてみてください。
www.mixcloud.com

今回のセトリについて

  • 「しっとり感」出したかった
  • 今までのDJで使わなかったAmbient系な音楽を使ってみたかった(具体的に言うと、ビードロ模様三つ葉の結びめの部分です)
  • Jersey Clubは使いやすいけど今回は使わないでおこう…と最初思っていたけど40分あるし、ということで結局最後のほうちょっと盛り上げようという感じで入れてみた
  • IMAP++のときと同様、全体の展開を考えつつセトリをあらかじめ考えて、繋ぎポイントなどもキューでしっかり決めた
    • その場の人を盛り上げるという意味では、あらかじめがっちり決めないで色々候補は決めておいてその場で決めるほうが良さそうだけど、どうしてもがっちり決めておきたかった・失敗したくなかったというのがあった…練習が足りないかもですね(´・_・`)
  • セトリを決めるまでの流れ
    • 大雑把なジャンルを告知用に決める→しっとりした感じのアニソンリミックス
    • もう少し細かいジャンルや展開を考える→Future Bass, Ambient, UK Garage
    • 流したい感じの曲を多めに選んでおく→40曲くらいまで絞ったかな?(ヨナカジカルに関しては東大が聖地みたいなところあったので入れました、アニソンリミックスの場合は作品も選曲の際参考にする)
    • BPM、キーなどを参考に順番を決める
    • それぞれよく聴いて繋ぐ部分などをイメージして実際に繋いでみるなどする
    • 40分に収まるように調整

感想

  • MIX自体については個人的には満足、自分でも何度か聴いてる
  • 本番はみたところアニソン原曲イベントを期待してきてる方が多そうだったが、ノってくれた方もそこそこいるようで嬉しかった
    • 途中のしっとりAmbientゾーンはしっとりしすぎてノリノリで踊りたい人はちょっと不満な感じではないだろうかとか心配しながらセトリ通りやりました
  • 「繋ぎポイント」は結構考えて繋いだのでそこまで違和感なく繋がれた気持ちだけど、「繋ぎ方」に関しては特に工夫はしていなくてEQをいじるしかしていないので、ある人は「すてにゃんの手元をガン見していた」などと言ってたけど個人的には面白いことは手元でしていない気持ち
    • SYNC機能にわりと頼っていて、BPMは上記セトリだと大体ゆっくりなものからはやいものに順番で並んでいるという感じなので、繋いだあとになるべく違和感なく徐々にBPMあげていくというのをひたすら繰り返しています
    • エフェクトは特にかけてなかったです
    • クラッチとかしてみたい、ですね、1ミリも練習していないのでできるわけがないのですが、そのうちなんかやってみますか

五月祭のDJを振り返る

  • タイトルにある通り、今回で東大でのDJは2回目でした
  • 1回目は五月祭のときで、そのときが実は初めて人前でDJしたという感じでした(身内の前でちょっと練習はしたことあった)
  • その際アニソン原曲でDJしてました
  • セトリの決め方は「自分がアニソン原曲イベントで流れたら嬉しい曲を入れまくる」感じでした、だいたいBPM
    • BPM順」だけど実は一部BPMが半分になってたりしてたっぽいことにあとで気づく
    • rekordbox djやDDJ-SB2の使い方、曲の繋ぎ方もわかっていなくて今振り返ると人前でよくやったなという気持ちになってきた
  • 「流れて欲しい曲を順番に流す」「繋ぎが雑」「そもそもBPMや拍があってなかったりする」とか、これでは「iTunesのプレイリストを順番に再生するマン」「再生ボタンを押すマン」などと言われても反論できないなと今更思っています
  • 思っています、が、その場にきてくれたひとたちがすごい盛り上がってくれたという事実はあるので、少なくとも選曲は成功したということでマイナスなことばかりではない

学びややっていきたいこと

  • セトリ全体の「展開」を考えて実行するのは楽しい、五月祭DJの際の自分は「曲単位」でしか考えることができていなかった
    • 原曲でのDJは本当にむずかしくて、もうできる気がしなくなってきた
  • ヨナカジカル、アニソン原曲なのにすごく自然にリミックスとつながって本当にFuture Bassだなぁと感じた
  • ほぼほぼアニソンリミックスでDJをすると、「普通にクラブミュージックのみでDJしても良いのでは」という気持ちにもなってきたので例えばFuture Bassだったりをディグってやってみたい
  • DJ中にマイクパフォーマンスする方などいたようで、もう少し楽しそうにDJやるというのを考えたい…感情を出すのは苦手な気がする
  • EQを毎回同じようにいじって繋ぐの、あまり音をいじってる感がなくなってきた、具体的にいうと大体毎回縦フェーダーはほぼMAXくらいで、繋ぎはじめの曲はLOWとMIDをある程度下げておいて(場合によってはHIGHも下げる、スネア・ハイハットの音などが目立つとき)、繋ぐときにそれぞれ少しづつあげて元の曲のほうは逆に下げていく)という繋ぎ方が自分の場合大半になってきました
    • 他のDJの手元動画などをみて何かおかしくないかとか勉強したほうが良いかもしれない
  • 自分は「爆音でアニソンを再生していく」ことがしたいわけではない、オタクを喜ばせたいわけでもない、様々なひとに「こういう最高な音楽があるんだよ」ということをDJ通じて発信していきたいので、アニソンやアニソンリミックスだけにとどまらず色々な音楽を聴いてやっていきたい
    • DJだけではなく、DTMだったり他のこともやっていきたい、詳しくはこちらの記事で↓

stenyan.hateblo.jp

とにかく楽しかったです、出させてもらって嬉しかったです。ありがとうございました。