いろいろかく

日常系ブログです

仕事や体調

仕事で体調崩して中々朝起きれなかったり本調子になれないときの原因はなんだろうという話をたまにしている。

一時的に同時にたくさんの人が体調を崩して、出社してる人が少ない場合、インフルエンザかなにか流行ってるという原因もあるかもだけど、そうじゃない場合はなぜだろう。同じチーム内の人が何名か体調悪くして休んでると自分も無意識に影響されて何故か体調悪くなるとか。出社してる人がそもそも少ない影響でチームで捌けるタスクの量が一時的に減り、健康な人も精神的に疲れて体調悪くするとか。

違う話題で、新卒である会社に入社し、転職経験もないと、いくらその最初の会社がホワイトで残業なかったとしても、そこが基準となり、普段よりちょっと仕事が忙しくなるとその時点で「つらい」と感じそう、と想像したけど、なんせ僕も他の会社は未経験なので何とも言えない。

精神でなんとかするのが大事みたいなことは言いたくないが、とにかく強い気持ちを持つのが大事だと個人的には思っていて、なんというか社会人で一人暮らしだといくらでも甘えることができて、裁量労働なエンジニアだと更に午前休を気軽に取得でき、周りの人たちも取得してるので自分もちょっとでもだるいとき取るかって気持ちになりがちではないか。そもそものその「ちょっとだるい」の基準をある程度高いところに置いておくという強い気持ちが大事。他の職種だとそもそもそんな気軽に休めないはずだけどやっていけてそう。とはいえ本当に体調悪い状態で仕事無理してやるのは体調更に悪化するので否定するわけではない。最も良いのが常に健康であることで、みんながんばって健康になってほしいし僕も健康になりたい。

雑な生活をして体調を崩すのは中々言い訳できないと思うので、丁寧に暮らしたい。丁寧に暮らした上で体調崩した際は仕方ない。

途中からめっちゃ厳しい口調になってしまった。元々何らかの理由がありずっとつらいみたいなのもあるので色んな人の事情に耳を傾けるというのもやりたい。ぼくは色んなアレルギーがあるので、春とか常に目や鼻や喉が辛いし、それだけで結構仕事のパフォーマンス落ちているのではないか。

話が全く変わるんですが、クラブイベントに行きまくってる社会人の方をみると、本当にめちゃくちゃ元気だな、と思う。仕事もやり、クラブイベントもいきまくる。そういう生き方もどうやら可能なので、体調悪化体調悪化連呼せずに、気持ちを切り替えてやっていけばそれくらい元気になれるのではないか。ネガティブ思考は少なくともよくないですよね。